ボーノ


皆様、こんにちは!
あおい接骨院の岡田です。

早く夏が終わって欲しいものですね!

あおい接骨院スタッフに関しては
こちら

詳細オレンジ


骨が生成されるためには、ホルモンが必要なことは

皆様ご存知でしょうか?


骨のカルシウムが減っていくメカニズムにおいて、

ホルモンが大きく作用しています。

ホルモンは、骨の新陳代謝をスムーズに行うために

重要な役割を担っているのです。

たとえば、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌が

激減した場合、どうなるでしょう。

エストロゲンは骨の吸収を抑える働きがありますが、

この働きが弱くなるので、当然、骨量も減っていきます。

また、腎臓でつくられ、カルシウムの吸収を助ける活性型ビタミンD

が減るため、腸管からのカルシウム吸収も悪くなります。

すると、血中カルシウム濃度を下げないために、

副甲状腺ホルモンが分泌され、骨のカルシウムが奪われていきます。

つまり、ホルモンの異常で、骨の新陳代謝がスムーズにいかなければ、

いくらカルシウムをとっても、それは骨の形成に結びつかないわけです。

閉経期にはエストロゲンが減少します。これは、自然なことですが、

この時期を境に急激に骨量の減少が見られる理由が

おわかりいただけたと思います。

なお、過激なダイエットやストレスの多い生活も、ホルモンのバランスを

崩す一因になっています。


(エストロゲン )
生殖器の発育など女性の機能をコントロールする女性ホルモンで、

卵巣から分泌されます。

骨にとっても重要な役割を担い、骨芽細胞の働きを助け、

破骨細胞の働きを抑えます。

腎臓で活性型ビタミンDがつくられるのを助ける働きもあります。

(副甲状腺ホルモン )
血中カルシウム濃度が低くなると分泌されます。
すると、破骨細胞が活発になり、骨の吸収を促進させます。
また、胃臓の尿細管からのカルシウムの再吸収などをビタミンDを介して
間接的に促進します。
そして血中カルシウム濃度を上昇させ、一定の濃度に保っているのです。

(ビタミンD )
口から摂取されたビタミンDと、紫外線にあたることによって

皮下脂肪につくられるビタミンDは、

腎臓で活性型ビタミンDになります。

近年、ビタミンDも一種のホルモンとして、

扱われるようになりました。

このホルモンの大切な働きは、腸管からのカルシウムの

吸収を活発にすることです。

(カルシトニン )
血中カルシウム濃度が上がると甲状腺から分泌され、

破骨細胞に直接働きかけ、骨吸収を抑制するホルモンで

濃度を一定に保つ働きをします。


体のどこかに痛みを抱えて悩んでいる方は一度ご相談ください。

TEL
0568-27-8744   
             

春日井市六軒屋町1-52
グレースナガナワ1F

受付時間
平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    15:00 ~ 19:30
土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    14:30 ~ 17:00


あおい接骨院に関しては
こちら

詳細ピンク


交通事故に関しては
こちら

詳細 水色