なるほど・・・


皆さん、こんにちは!

あおい接骨院の岡田です。

ようやく秋らしくなってきましたね!

あおい接骨院スタッフについては

こちら

 

皆さんの中には、骨折や捻挫などをされた後、

筋肉や関節の動きが低下し、いつの間にか硬くなってしまった!(=以下、拘縮という)

そんな経験をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

すべての症例がリハビリテーションによって改善が認められる訳では

ないのですが、こうなってしまう前に、中にはリハビリテーションが有効な症例も

存在します。

①疼痛性拘縮 ②骨性の拘縮 ③軟部組織(=筋肉・関節・靭帯など)性の拘縮

④炎症性の拘縮

に分けられるのですが、その中でもリハビリテーションが有効なのは、

軟部組織性の拘縮なのです。

筋肉や靭帯といった組織は、ケガをし、固定などをした後、

癒着したり、固まりを形成したりすることが多く、

まずは、①患部を十分に温めることと、②癒着した部分を引き剥がすことを

目的として、患部を痛めない範囲でマッサージすること。

③患部の筋肉等の組織が緩んだのを確認して、関節の可動域の改善を図るべく、

自動運動に加え、介助的な他動運動を加えていくことが重要となります。

筋肉や関節などが硬くなり、動きが低くなってしまったような方は

一度ご相談ください。

0568-27-8744   

春日井市六軒屋町1-52

グレースナガナワ1F

受付時間

平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00

    15:00 ~ 19:30

土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00

    14:30 ~ 17:00

あおい接骨院については

こちら

交通事故については

こちら