食事にも気をつけないと・・・


皆様こんにちは!!

あおい接骨院の岡田です。

 

 

桜も遅ればせながら咲き始め、

すっかり春らしくなってきましたね!!

 

 

あおい接骨院のスタッフに関しては

こちら

 

 

皆様は骨を作るために食事は何を摂ったら

いいのかをご存じでしょうか?

 

 

骨は、毎日古い細胞が分解され、新しい細胞が作られます。

これを「骨新生」または「骨代謝」といいます。

「破骨(はこつ)細胞」が骨を分解して、

「骨芽(こつが)細胞」がコラーゲンの合成します。

それにカルシウム(ハイドロキシアパタイト)が

付着することで、骨が作られます。

骨折したときは、その骨代謝が盛んに行われます。

そのとき食事の栄養バランスが悪く、

必要な栄養素が不足すると、骨代謝が充分に行われません。

反対に栄養がしっかりとれていれば、骨代謝が好循環して

治癒期間を短縮することが可能なのです。

骨折時の食事は、通常時よりも大切なのです。

 

 

骨折しているときに食事でとりたい栄養素は、

骨タンパク質であるコラーゲンの合成を助ける栄養と、

カルシウムの吸収を助ける栄養素です。

 

 

コラーゲンを合成力を高めるには、コラーゲンを食べるのが

もっとも優れているとされています。

食べたコラーゲンは、アミノ酸やペプチドまで分解され、

小腸で吸収された後、体内で再合成されます。

この時ビタミンCの存在が欠かせません。

全てが再合成されるわけではありませんが、

コラーゲンの分解物はコラーゲンになりやすいとされています。

 

痛みでお悩みの方は一度ご相談ください。

TEL
0568-27-8744   
             

春日井市六軒屋町1-52
グレースナガナワ1F

受付時間
平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    15:00 ~ 19:30
土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    14:30 ~ 17:00

 

 

 

あおい接骨院に関しては

こちら

 

 

交通事故に関しては

こちら