ジンジンビリビリ


こんにちは!!

 

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 寒暖の差が激しいいですね。体調にお気を付け下さい。

 

いつでも元気いっぱいなあおい接骨院の写真はこちらの「写真」から

 

 詳細赤

 

 

ある患者様からシビレについて質問がありました。

「足がシビレる腰椎椎間板ヘルニアと、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)ってどう違うの?」

 

この患者様は自分にシビレがあるため検索したが、よくわからなかったそうです。

 

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰の骨5つと1つの仙骨、それぞれの骨の間に椎間板というクッションがあります。

この椎間板はアンパンのような構造をしていて外側のパンの部分を繊維輪といい、その中に髄核という粘性のアンコが入っています。

 

これらの後方には脊柱管という管が腰骨の中にあって、ここを神経が通っています。このパンの部分が裂けてアンコが飛び出して、それが後の神経に影響を与え痛みやしびれ、麻痺などを起こすのが腰椎椎間板ヘルニアです。

 

特に症状は足にかけて出ることが多いです。

 

 

テスト法として、仰向けで寝たままシビレる足の膝を伸ばしたまま60°70°まで上げていきます。

その途中でシビレが出現、もしくは強くなる場合ヘルニアを疑います。(神経の圧迫される場所や、度合いにより出ない事もあります。)

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは

脊柱管とは、背骨の中にある管状の空間。脊柱管の中には神経が走っています。神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

 

 

脊柱管を取り囲む骨の変性や靭帯(じんたい)の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出、つまり、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経の近くを通る血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や足のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。(ヘルニアも原因のひとつに入ります。)

 

 

症状の特徴として、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなくなったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる(間欠跛行(かんけつはこう))

などの症状が腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

 

 

どちらも 神経が障害を受ける。という事からすれば同じです。

 

細かく言うと、ヘルニアは飛び出した際の炎症によって症状が出る。

狭窄症は神経と、血管が圧迫される。

という所が違います。

 

 

どちらの症状も骨格の歪み、動きの硬さ、柔軟性を戻してあげることで軽快される方が多くみえます。

※脊柱管狭窄症にある骨の変形や、靭帯の肥厚、ヘルニアの飛び出した髄核が無くなるといった意味ではありません。

 

辛い症状でどこに行ったらいいのかわからない。病院では手術を薦められたが、何か別の方法はないか?

 

など悩んでいる方がみえたら一度ご相談下さい。

 

 

あおい接骨院にもこの様な症状で来院されている方や、卒業された方がたくさんみえます。

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院HP

  詳細 水色              

 

 

 

あおい接骨院エキテンHPはこちら

 詳細オレンジ