なかなか治らない・・


皆様、こんにちは!!

あおい接骨院の岡田です。

 

 

今年も早いもので、1ヶ月が終わろうとしてますね!

 

 

あおい接骨院のスタッフに関しては

こちら

 詳細オレンジ

 

皆様の中で、ずっと腰の治療をしているのになかなか治らないで

お困りの方はいらっしゃらないでしょうか?

もしかすると内蔵が原因かもしれません

 

内臓の病気が原因になっている時は、安静にしていても寝ていても痛む、あるいは動作に関係なく痛むといった特徴があります。

また、発熱や腹痛、不正出血など他の症状も一緒に出てきます。

腰痛を引き起こす内蔵の病気の一覧

循環器の病気   閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤、腹部大動脈解離

泌尿器の病気   腎臓・尿路結石、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、泌尿器のがん

消化器の病気   胃潰瘍・十二指腸潰瘍、膵炎、胆石、胆のう・胆管炎、肝炎、消化器のがん

婦人科の病気   月経困難症、子宮筋腫、卵巣炎、卵巣膿腫、子宮や卵巣のがん

その他 帯状疱疹、インフルエンザ、風邪

 

 

心臓が悪いときに左肩が痛くなるということがありますが、内臓が悪くなると背中や腰、肩にまで痛みが出ることがありますが、これらの痛みを「関連痛」といわれる痛みです。

しかし、なぜそのような関連痛が出てくるかというと、すべての感覚は脳で管理されているからです。

その脳に「内臓が悪いよ!とサインを送っている神経があります。

この神経は、内臓だけの神経ではなくて、他の周りの感覚も一緒に脳にサインを送っています。

内臓が悪いよ!というサインが周りの感覚だと勘違いするのが関連痛です。

腎臓や肝臓が悪いと腰痛が出やすくなるのも、内臓が悪いよというという情報を神経が脳に送っていて、脳が内臓周辺の痛みだと勘違いして腰痛が発生します。

 

 

お困りの方は一度ご相談ください。

TEL
0568-27-8744   
             

春日井市六軒屋町1-52
グレースナガナワ1F

受付時間
平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    15:00 ~ 19:30
土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    14:30 ~ 17:00

 

 

あおい接骨院に関しては

こちら

詳細ピンク

 

 

交通事故に関しては

こちら

詳細赤