足が痛い・・


皆様、こんにちは!!

あおい接骨院の岡田です。

 

 

先日はものすごい大雪に見舞われましたね!

 

 

あおい接骨院スタッフに関しては

こちら

詳細オレンジ

 

 

皆様の中には、足の関節付近が痛くて、お困りの

方はいらっしゃらないでしょうか?

もしかしたら痛風の可能性も考えられます。

痛風は、「風が吹いただけでも痛い」といわれるように、

激痛を伴う発作が起こる病気です。初めての痛風発作は、

大抵の場合、足の親指の付け根などの関節に、突然、

耐え難いほどの激痛が走ることから始まります。

やがて患部が赤く腫れ上がり、痛みがしばらく続きますが、

だいだい10日ほどすれば、症状はなくなってしまいます。

しかし、尿酸値が高いまま治療を受けずに放っておくと、

半年から1年ほどで、再び同じような発作が起きます。

そして、発作を繰り返しているうちに、発作が起こる間隔が短くなり、

足首やひざなど、ほかの関節にまで、腫れが広がってしまうのです。

 

 

痛風発作が起きても、治療を受けずに放っておいて、

数年から10年ほど経つと、痛風は慢性化し、

増え続けた尿酸が、皮膚の下にもたまるようになります。

そして、皮下で尿酸の結晶化が進むと、コブのように膨らんで

「痛風結節」になることがあるのです。

痛風結節は触っても痛くはありませんが、放置していると

徐々に大きくなり、関節が変形したり、脱臼してしまったりして、

日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

発作やコブができるというだけでも、痛風は怖い病気ですが、

じつは痛風の本当の怖さは、合併症にあります。

痛風によるもっとも怖い合併症は、尿酸の排泄を

行っている腎臓の障害です。腎臓に尿酸の結晶が沈着すると、

腎機能が低下していきます。すると、尿酸を排泄する働きも

低下するので、さらに尿酸の結晶が腎臓に沈着しやすくなるのです。

その結果、人工透析を必要とする「腎不全」などの

深刻な病状につながることがあります。

また、腎臓にできた尿酸結晶が大きくなると「結石」になり、

それが尿管に流れ出て途中で引っかかると、「尿路結石」になり、

激しい痛みや血尿が起こることもあります。

痛風は、食べ過ぎや飲み過ぎなど、乱れた生活習慣によって

起こる「生活習慣病」の1つです。

痛風の人は、「糖尿病」や「高血圧」、「脂質異常症」など、

他の生活習慣病も併発しやすい傾向があります。

 

 

そうなる前に一度ご相談ください

TEL
0568-27-8744   
             

春日井市六軒屋町1-52
グレースナガナワ1F

受付時間
平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    15:00 ~ 19:30
土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    14:30 ~ 17:00

 

 

あおい接骨院に関しては

こちら

詳細ピンク

 

 

交通事故に関しては

こちら

詳細赤