いつのまにか・・


皆様、こんにちは!!

あおい接骨院の岡田です。

 

 

紅葉のピークも過ぎ、本格的な冬へと向かって

行ってますね!

 

 

あおい接骨院のスタッフに関しては

こちら

詳細ピンク

 

 

皆様は、強い骨を維持していくためには、適度な刺激を

骨に与え続けなくてはいけないことをご存知でしょうか?

 

 

この運動や筋トレによる刺激が骨密度に関係するというのは、

スポーツの世界でも反映されていて、野球やラグビー、柔道、

ウェイトリフティングの選手などは骨密度が他の競技に比べて高い

という実験結果が出ています。

 

 

まず走るという動きは骨密度を高めるのにとても有用だと言われていますし、

野球のように球をバットで打つという動作は骨に強い刺激を与えます。

ラグビーも球を打つということはないにしろ球をキャッチしたり、

タックルでぶつかったり、柔道は全身を畳に打ちつける受け身など

身体に与える刺激の強い動きがありますね。

ウエイトリフティングは上記で説明したように器具を使って

高負荷でトレーニングをすることで、骨にも強い刺激を加えることが

出来るということです。

 

 

反対に骨密度が低いのは水泳の選手だったようです。

水の中というのは浮力で身体が浮いている状態なので

骨や関節にかかる負担も少ないんですね。

 

 

ただこの状態は、脚や腰に負荷をかけないで運動できる

ということでもあるので、膝や足首の関節、腰に問題がある人

にとっては大きな利点といえます。

また筋トレとは違って全身に均等に負荷がかけられるので、

ヘルニアなどで腰を痛めてしまった人には、温水での水泳や、

水中でのウォーキングがとても良いリハビリになります。

 

 

体の不調を抱えていらっしゃる方は一度ご相談下さい。

 

TEL
0568-27-8744   
             

春日井市六軒屋町1-52
グレースナガナワ1F

受付時間
平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    15:00 ~ 19:30
土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00
    14:30 ~ 17:00

 

あおい接骨院に関しては

こちら

詳細 水色

 

 

交通事故に関しては

こちら

詳細オレンジ