飛び出してる~!?


こんにちは!!

 

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

今朝は凄い雨でしたね!!

なんの関係もありませんが寄り道したい方はこちらの写真から

 詳細赤

 

 

 

今日はたまたま別の検査で腰に椎間板ヘルニアがあると診断されたが、自覚症状が全くないそうで本当にヘルニアなの?

と、疑問を持たれた方がみえたのでヘルニアについてお話しします。

 

 

 

 

 

みなさん一度は聞いたことがあるかと思います。

イメージでは、首や、腰の痛み、しびれ。

などではないでしょうか?

 

 

 

 

そもそもヘルニアとは、背骨と背骨の間に椎間板と呼ばれるクッションがあり、体に受ける衝撃を和らげています。

その椎間板の中にはゼリー状の核が入っています。

その一部が外に出てしまっている状態がヘルニアです。

出てくるだけなら問題にならない事もありますが、近くを通る神経を圧迫したり、炎症が起きる事でシビレ、重だるさ、痛みなどの症状が出ます。

これがヘルニアからの神経症状です。

 

 

なぜこの様な現症が起きるのか?

それは、背骨の歪み、周りの筋肉の柔軟性がない、加齢、などにより椎間板に柔軟性がなくなって、部分断裂することで中の髄核が出てきてしまうんですね。

 

悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることも知られています。

 

 

 

 

診断方法は、MRIなどで画像検査を行い確定します。(レントゲンでは、骨しか写らない為確定はできません。)

 

 

 

ただし、MRI画像で椎間板が突出していても、症状が無ければ多くの場合問題はありません。

 

 

ヘルニアになったからといって必ずしも辛い痛みや、神経症状が出るものではありません。

  

 

だからもし病院などで診断されても、症状が辛くなければ心配しないで下さい。

 

 

 

 

しかしヘルニアになっていると、今後神経を圧迫してしまう可能性があります。

 

 

 

そうならないためにも、骨格を整え、筋肉をほぐして柔軟性を保つことが、悪化を防ぐために必要になってきます。

 

 

 

当院にはヘルニアの方も多くみえていますので、何でもご相談ください。

 

 

  

 

 

あおい接骨院HPはこちら

 詳細オレンジ

 

 

あおい接骨院エキテンはこちら

 詳細 水色

 

 

TEL

0568-27-8744  

 

春日井市六軒屋町1-52

グレースナガナワ1F

 

受付時間

平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00

     15:00 ~ 19:30

土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00

     14:30 ~ 17:00