○○○と言われたけど大丈夫?


こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

 あおい接骨院の秘密はこちらから。知ればお得ですよ。

 詳細ピンク

 

 

 

今日はヘルニアってよく聞くけど痛いの?

などの質問を受けましたのでブログにしますね。

 

 

 

みなさん一度は聞いたことがあるかと思います。

イメージでは、ひどい腰痛、手足のしびれ。などではないでしょうか。

 

 

 

 

そもそもヘルニアとは何か。

 

 

 

背骨と背骨の間に椎間板と呼ばれるクッションがあり、体に受ける衝撃を和らげてくれています。

その椎間板の中にはゼリー状の髄核というものが入っています。

その一部が出てきてしまっている状態がヘルニアと呼ばれます。

出てくるだけなら大きな問題ではないんですが、近くを通る神経を圧迫してしまうとシビレ、重だるさ、痛みなどの症状が出ます。

これがヘルニアからの神経症状です。

 

 

なぜ起こるかというと、背骨の歪み、周りの筋肉の柔軟性がない、加齢、などにより椎間板に柔軟性がなくなって、部分断裂して中の髄核が出てきてしまうんですね

 

悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることも知られています。

 

 

 

 

診断方法は、下肢伸展挙上テスト(上向きで寝て、膝を伸ばしたまま足を挙げ神経痛の出現を見る)

右と左で片側の足の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱くなっていないか等で診断します。

MRIなどで画像検査を行い診断を確定します。

レントゲンでは、骨しか写らない為確定はできません。

 

 

 

ただし、MRI画像で椎間板が突出していても、症状が無ければ多くの場合問題はありません。

 

 

 

 

 

ヘルニアになったからといって必ずしも辛い痛みや、神経症状が出るものではありません。

 

 

中には違う検査でMRIを撮ったら、たまたまヘルニアだったのがわかった。

でも、日常なんともないという方もみえます。

 

 

 

だからもし病院などで診断されても、症状が辛くなければ心配しないで下さい。

 

 

 

 

しかしヘルニアになっていると、今後神経を圧迫してしまう可能性があります。

 

 

 

そうならないためにも、骨格を整え、筋肉をほぐして柔軟性を保つことが、悪化を防ぐために必要になってきます。

 

 

 

当院にはヘルニアの方も多くみえていますので、一度ご相談ください。

 

 

TEL

0568-27-8744  

 

 

春日井市六軒屋町1-52

グレースナガナワ1F

 

受付時間

平日 ⇒ 8:30 ~ 12:00

     15:00 ~ 19:30

土曜 ⇒ 8:30 ~ 12:00

     14:30 ~ 17:00

 

 

 

あおい接骨院HP

 

詳細オレンジ