この特約ご存知?


こんにちは!!

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

今日は任意保険のオプションにある、弁護士特約についてお話しします!

 

 

 

弁護士特約とは,自動車に乗車中の交通事故や歩行中の交通事故受傷等で

弁護士の依頼費用が負担される特約のことです。

 

 

 

弁護士費用特約があると、あなたが費用を負担することなく、事故受傷直後から相手(加害者)とその保険会社との面倒な交渉や訴訟を含む示談交渉を弁護士に一任することができます。

 

 

 

この制度のいいところは、交渉を担ってくれることはもちろんですが

翌年の保険等級に影響しないということです。

 

 

 

そして金銭的なことになりますが、最後の示談の時に損害額・慰謝料が大幅に上がることが多いです。

知らないことの多い世界ですから、自分だけで交渉すると損をすることも多いということです。

 

当院では患者様が治療に専念出来る様に交通事故専門の弁護士を紹介できます.

 

 

 

 

交通事故の被害に遭われた方で、ご自分の掛けている自動車保険に弁護士特約という補償に加入されているのであれば、示談交渉の際に弁護士を間に立てることにより、慰謝料の算定金額が極端に高まります。

 

 

 

 

最初に提示してくる金額は保険会社様独自の計算方法で提示されることが多く、自賠責基準よりも低い金額のことが非常に多いです。

 

 

 

ただ、普通の方は自賠責基準がどのような計算方法なのか知らない人が多いので、

こんなもんかなと考えて、示談をするケースが大半です。

 

それに対し、弁護士を間に入れると裁判基準や自賠責基準に近い数字で交渉してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

これが一番効力を発揮する時は、いわいる『もらい事故』の時です。

自動車保険に加入していれば、事故を起こしてしまった時

保険会社の担当者が相手側と示談交渉にあたってくれますが

全ての事故でその交渉をしてくれるわけではありません。

 

 

 

こちらが被害者で、相手側の過失が100%だった場合

被害者の方の保険を使うことは例外を除いてありません。

 

 

 

理由はいたってシンプルです。

自動車保険は基本的に自己相手の賠償に備えるためのものなので

相手への賠償が発生しない100:0の事故では使えないんです。

これ意外と知らない方多いです。

 

 

 

そして、保険会社が示談できないとなると、その話の進行は本人となります。

相手(加害者)とその保険会社と交渉していかなくてはなりません。

 

 

 

自分で交渉すると、示談以外にも病院に通う期間などさまざまな部分でストレスになってしまい、自分の身体を良くすることに集中出来ない事が多いです。

そうなってしまうと被害者なのに、身を引いてしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

そんな時のために、弁護士さんに交渉してもらうと、自分の身体のことに集中できるようになります。

なので、この弁護士特約は、とても重要になります。

 

 

 

 

 

ちなみに、僕も元々入っていなかったのですが、接骨院で働いてこのようなことを知り、すぐに加入しました。(笑)

 

 

保険料もほんの少しプラスになるぐらいなので、一度ご自身の自動車保険の担当者様に確認してみるのをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

あおい接骨院事故専用ホームページはこちら

 詳細ピンク

 

 

あおい接骨院HPはこちら

 詳細 水色