かたいですか?


こんにちは!!

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

あおい接骨院スタッフのオフ写真はこちらの「写真」から(ブログとは一切関係ありませんw)

詳細 水色

 

 

 

身体が硬い!についてお話しします。

 

昔は前屈で床に手が着いたのに今では全然ムリ。

 

背中のかゆい所に手が届かない!!

 

 

 

なんて方が周りにみえるのではないでしょうか?

 

 

 

身体には関節と言われる骨と骨を繋いでいる部分があり、ここで動きが出るようになっています。

 

 

身体が硬い!とはつまりその関節の動きが通常より少ない事をいいます!

 

 

その原因として

 

  1. 関節自体の動きが少ない。
  2. 関節の周りにある筋肉の柔軟性がない。

 

この二つが主な原因です!

 

 

身体が硬いと良くはない。

と言いますが、何故いけないんでしょう?

 

 

筋肉をゴムで例えると、ゴムは通常力を加えて引くと伸びて反発しますね。

 

しかし硬くて弾力のないゴムは伸びにくく、通常のゴムと同じように伸ばそうとすると切れてしまうこともありますね。

 

 

 

身体でも同じ事が言えます。

 

切れるまではいかなくても疲労が蓄積され。

 

そして限界を超えた時に痛みとして現れます。

 

症状で多いのは、腰痛、首肩の痛み。

治療を受けている方の多くは身体が硬いです。

 

 

 

身体が硬くなる原因としては何があるでしょう。

 

  1. 日常生活の中で関節をめいいっぱい動かす動作が少ない。
  2. 運動や、ストレッチ不足。
  3. 加齢による組織の線維化(筋肉や、関節も組織から出来ている)。

 

主なものを挙げました。

 

  1. に関しては意識して取り組む事で改善できますね。

 

  1. の加齢には逆らえませんが、ストレッチを行えば柔軟性が出てきます。

若い身体に比べて多少の時間は掛りますが、続ける事で必ず成果は出ます。

 

 

ストレッチをすることで痛みの予防や、改善につながりますのでみなさん是非やってみて下さい。

 

 

ストレッチをしても改善しない。痛くて出来ない。

という方は一度あおい接骨院にお問い合わせ下さい。

 

 

ストレッチではできない固くなった筋肉や関節を整える骨格矯正。

これにより早期改善、痛みの出にくい身体へと変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院HP

 詳細赤

 

 

 

あおい接骨院エキテン

 詳細ピンク