足元注意!!


こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

 

 

今日はお出かけの多いこのGWの運転で、気をつけたい事をお話しします。

 

 事故専用ホームページはこちら

 詳細ピンク

 

 

 

 

 

 

ハイドロプレーニング現象!!

 

あまりなじみのない言葉ですが、ご存知ですか?

 

 

自動車学校で一度は勉強しているはずですが、日常生活ではあまり聞きませんよね。

 

 

 

 

ハイドロプレーニング現象とは。

 

自動車などが水の溜まった路面などを走行中に、タイヤと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりハンドルやブレーキが利かなくなる現象の事をいいます。

 

 

 

 

原因

ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生します。

ハイドロプレーニング現象が発生する速度は、負荷荷重とは無関係でタイヤの空気圧に依存するとする研究があるそうです。

具体的には、以下のような状況下で発生しやすいです。

 

 

 

 

タイヤの溝の磨耗

タイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。同様の状況は溝の内部に砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。

 

水量の増加

路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。

 

タイヤの空気圧不足

タイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。

 

スピードの出しすぎ

高速走行中に水溜りに突っ込むと、タイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。

 

 

 

 

 

対策

 

ハイドロプレーニング現象が起きた場合、ブレーキを踏むと急にフロントタイヤ「のみ」のが回復してスピンする可能性があるため、ハンドルを真っ直ぐにしアクセルをゆっくり緩めてタイヤと路面が接触するのを待ちます。

 

 

 

 

 

 

運転中コントロールできなくなったら。と思うと恐ろしいですね。

 

この梅雨時、とくに集中豪雨などで路面が川の様になっている時は必ず減速し、安全運転をしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故専用ホームページはこちら。

 詳細ピンク