サンゴ


こんにちは!!

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 プライベート写真はこちらの写真から。興味なければスルーして下さい。

 詳細オレンジ

 

 

 最近の新患さんで、産後の骨盤が気になるという方が多いのでそのことについてお話しします。

 

 

妊娠中女性の骨盤は胎児をお腹の中で育てるために、骨盤を広げます。

 

 

 

それはホルモンの働きによって、骨盤を固定している硬い靭帯を柔らかくしていきます。

 

そうする事によって硬い骨盤も広がっていくんですね。

 

 

 

 

その広がった骨盤の靭帯は産後どうなると思います?

 

 

 

 

なんと緩んだままなのです。

 

 

そのため骨盤に歪みが出やすくなるんですね。

 

 

 

 

土台の骨盤に歪みが出ると全身の骨格にも影響が出てしまいます。

 

 

 

すると、腰の痛み、肩コリ、頭痛、など色んな所に〇ヶ月後~〇年後に症状として出てしまう方が多いんですね。

 

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

 

 

骨盤ベルトで締めることで緩んだ靭帯は締まっていきます。

 

 

 

でも、産後〇ヶ月以上経ってしまってからでは遅いと聞いた。

 

と言われる方もみえますが、産後何年経っていても大丈夫です。戻るので安心して下さい。

 

 

早くベルトを付けた方が骨格の歪みが酷くなる前に予防できるという意味合いで、遅いと意味がないというわけではありません。

 

 

 

どの位の期間ベルトが必要かといいますと1年はして下さい。

 

 緩んだ靭帯が戻るまでにはそのくらいの期間は必要です。

 

 

 

 

なかには、初めの数カ月はベルトしていたけど、もういいかなと思った。

 

とか、つい忘れてしまう。などの理由でしなくなった、肩こり、腰痛持ちのお母さんが多いです。

 

 

 

 

 

 理想は背骨、骨盤を矯正して正しい位置にある状態で締めていく事です。

 

 

 

 

 

 

この記事をみて気になった方、お気軽にあおい接骨院にお問い合わせください!

 

 

 

 

あおい接骨院HP

 詳細オレンジ

 

 

 

 

あおい接骨院エキテン

 詳細ピンク