どっち??


こんにちは!!

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

 スタッフ未公開写真はこちらから「写真」へ。

 詳細ピンク

 

 

 

 

患者様に冷シップ、温シップどっち使ったらいいですか?

 

 

このような質問がよくあります。

 

 

みなさんは普段どちらを使いますか?

 

 

 

痛みがある時は、温めた方がいいとか、冷やした方がいい。

 

と、言われますが、この痛みにはどっちがいいの?ってなりますよね。

 

 

 

 

 

痛みは大きく分けて炎症があるか、無いかで分けられます。

 

 

 

炎症とは強くぶつけた、捻った、など急に組織を痛めた時に起きる身体の反応で、熱をもったり、腫れたりする場合があるんですね。

 

 

 

このような炎症がある場合は、熱や腫れを引かせる為に氷で冷やすのが効果的で、逆に暖めると炎症が広がり、痛みが大きくなる恐れがあります。

 

 

 

 

 

炎症のない痛みとは、慢性的な肩こり腰痛などが多く、日常の軽微な外力や、姿勢不良などのストレスにより筋肉が硬くなります。これによって、血行が悪くなり疲労物質が溜まってしまいます。

 

 

その疲労物質によって刺激され痛みが出てくるんですね。

 

 

この痛みはお風呂などで温めて、血行を良くしてあげると楽になります。

 

逆に冷やすと血行が悪くなり痛みが増す事もあるんです。

 

 

 

 

上記のことから、痛みに対して冷やすor温める。という選択が出てくるわけですね。

 

 

 

 

そこでシップの冷、温の違いですが、何かというと、成分の違いです。

 

 

冷湿布にはメントールという成分が入っていて清涼感を感じます。 温湿布には、カプサイシンによって熱く感じるようになっています。

 

 

それ以外には共通して消炎・鎮痛効果があります。

 

 

 

 

つまり冷たく感じるか、温かく感じるかの違いで、実際に冷やしたり、温めたりする程の効果はないんですね。

 

 

 

基本的にどっちを使っても問題ありません。

使って気持ちのいい方を使って下さい。

 

 

 

ただシップは薬の力で痛みを抑えているだけで、痛みの根本は変わっていません。

 

シップだけで良くなるものではないので、お身体の状態にあった施術が必要です。

 

 

 

当院では患者様のお身体を独自の検査を行い、原因を探し出し根本から良くしていきます。

 

痛みや、気になることなどありましたらお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

あおい接骨院HP

 詳細オレンジ