悪魔のト○レ


こんばんは、あおい接骨院の密山です。

 

 先に言っておきますが、今回のブログ怒らないで下さい。

接骨院とほぼ関係ないです。

勇気がある方と、怒らないって寛容な方だけ読んでください。

 

 

今週は海外セミナー、異文化交流シリーズ。

 

 

インドネシアでちょっとローカルのワルン(食堂みたいな所)にチャレンジしてみたらとても美味しかったのですが、

僕センシティブなんで予定通りお腹を壊したんですね。

(表紙の写真がワルン内です。)

 

 

翌日、少し外に出ている時もうお腹が痛くて足が出せないような状態になったんです。

「マジで・・・」 「でる・・・・」

 

 

そこに現地のチャンティな女の子に

「どっかにトイレないか?」と日本代表として男らしく聞いたら

恐らく

「あそこ使わしてもらったらぁ~」的な事を言われたので、近くのワルンのトイレを借りに駆け込んだんです。

 

 

そのトイレは

1、便器の前後が分らない

2、流し方が分らない

3、紙がない、紙を捨てる箱も無い

4、水を貯めてある美しくない場所があって、そこに触るが怖い手桶が1つ浮いている

 5、全体的に綺麗ではない色をしている

6、電気が無く暗すぎる

 

( 見たい方は1番下までどうぞ、写真のフラッシュで明るいですが、基本闇です。)

 

 

色々と特徴と疑問は尽きないトイレなのですが、あれこれ言ってられない状態なのでとりあえず入り口の方を向いて出してスッキリしたんですが、尻をどう処理するかわからんのです。

 

 

スッキリはしたけど、そこから先はただの恐怖でしかないんですね。

 足元の仕上がりとしては「にーちゃん節子びちびちやぁ」って感じです。

 

「これもしかして謎の恐い水を使って、不浄の手とされる左手で直にお尻ふくしかない例のパターンですか?」

 

どう考えてもそれしかないから腹をくくったんですが、シュミレーションをしてみると

「尻に水をどうやってかけるの?下から?後ろから?」

「水を尻にかけたら足とかゾウリ濡れるやん」ってなるんです。

 

「えっ裸足??」と思いましたが裸足で踏んだら確実に足裏から自我が崩壊する床なので、

絶対に無理だし 「もう草履とかも濡れていいやっ」てなって、正解か全く分りませんが下の写真みたいなポジショニングでTRYしたんです。

 

 i

TRY BOY  AGE35

 

 

 

 

自分の意思で怖い桶を握りしめ、

得体の知れない水を桶にすくい、

目をつむり、その水を腰から尻に伝わせ、

不浄の手で自分の不浄のものに触れたその時に頭になぜか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祇園精舎の鐘の声

 

諸行無常の響きあり

 

沙羅双樹の花の色

 

盛者必衰の理をあらわす

 

おごれる人も久しからず

 

ただ春の夜の夢のごとし

 

たけき者もついには滅びぬ

 

偏に風の前の塵に同じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか平家物語の冒頭が自然と出てきました。

一体なんなんでしょうか。

 

現実逃避なのか、理性を保つ為だったのでしょいかね。

 

 

水の跳ね返りとかがエグイ位に気持ち悪いんですが、1つ発見があって、尻を手で直に拭いたことがある人はわかると思うんですが、めっちゃ綺麗に洗えるんです。

キュキュッて感じです。

 

「ティッシュで尻なんて綺麗にならんでしょ」ってくらい違いがわかります。

 

 

簡単なんで是非、皆さんもやってみてください。

 

僕がtryした異文化交流のWCが見たい方は

下の詳細から入って「写真」って所で数日紹介してます。

マジでどうでもいいのですぐ消しますね。

 

    ↓ 諸行無常っす

詳細オレンジ

GOOD LUCK!