天気が悪いと調子も悪い?


こんにちは!!

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

あおい接骨院HPにはないお得な情報はこちら

 

 詳細オレンジ

 

 

 

雨や、曇りでは古傷が痛む!という話を一度は聞いた事ありませんか?

 

今日はこの事についてお話しします。

 

 

 

 

天気の悪い日は気圧が下がります。

その時、体内ではヒスタミンという痛みを引き起こす物質の分泌が増えるんですね。

 

ヒスタミンには交感神経を刺激する作用があり、交感神経は血管を収縮させたり、心拍や血圧を上げたりする作用があります。

 

 

 

このため筋肉や関節周辺では血管は収縮し、血行が悪くなり、疲労物質がたまることで痛み、だるさ、こりなどの不快な症状を感じるようになります。

 

さらに痛みを感じやすくしてしまう作用もあるため、普段は感じていない痛みでも出やすくなってしまいます。

 

 

このため過去に大きな怪我や手術などをした古傷が痛みやすくなるわけですね。

 

 

 

 

 

 

そこで痛みを解消するにはどのような事をすればいいのか?

 

 

 

 

 

答えは血流をよくしてヒスタミンや、疲労物質を流してやる事が有効です。

 

 

ご自宅で出来る事はゆっくりお風呂に浸かって、そのあとストレッチが有効です。

 

ゆっくりリラックスしてやれば交感神経を鎮める効果もありますよ。

 

 

 

 

 

あおい接骨院での骨格矯正は全身の調整、血流改善されるためお勧めです。

 

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、お身体に気を付けてお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

骨格矯正はこちら

 詳細ピンク

 

 

 

あおい接骨院事故HPはこちら

 詳細オレンジ