Do you know?


こんにちは!!

 

あおい接骨院の藤村でーす!!

 

口コミサイト「エキテン」はこちら

          ↓

 詳細オレンジ

 

 

 あおい接骨院の交通事故専用ホームページはこちら

         ↓

 

 詳細ピンク

 

 

今日はタイトルにもあるように、皆さん車に乗っていてどれだけ慎重かつ安産に運転していても、交通事故に遭う可能性はゼロではありません。

 

 

 

皆さん一度は聞いたことがあると思います!「むち打ち」そもそもこのムチ打ちって何?と思う方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

今日は交通事故に関してのムチ打ちの種類についてお話させて頂きます!!

 

 

 

 

 

 

まずこのムチ打ち損傷というのは、交通事故における首の骨(頚椎)の前屈、後屈における障害で頚椎の他、筋肉・靭帯・神経・血管などさまざまな部分での損傷が考えられるもので、主に4つに分類されます。

 

・頸椎捻挫型(けいついねんざがた)

 頸椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、むち打ち症全体の70〜80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。また、首や肩の動きが制限されることもあります。

 

 

 

 

 

・根症状型(こんしょうじょうがた)

 頸椎の並びに歪みが出来ると、神経が圧迫されて症状がでます。首の痛みの他、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。これらの症状は咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向にひっぱったりしたときに強まります。

 

 

 

 

 

・バレ・リュウー症状型

 後部交感神経症候群ともいいます。

頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

 

 

 

 

 

・脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

 頸椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢(脚)に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

 

 

 

 

 

このようにむち打ちにも色々種類があります。

 

 

 

 

交通事故にもし万が一遭われた方は「今は痛く無いからいいや!」とは思わず、すぐに医療機関に行くことを強く勧めます!!!!

 

 

 

当院は、むち打ち治療協会に認定されておりますので何か困ったらお気軽にご相談下さい!!!

 

 

 

 

 

これからの季節は雪も降り大変事故が多くなる時期です!!

 

気をつけましょう!!

 

 あおい接骨院の交通事故専用ホームページはこちら

         ↓

 詳細ピンク