点検してますか?


こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

 

 

もう7月!あと少しで学生さんは夏休み!早いですね~

 

 

 

 

これから遠出する機会が増えるかと思いますが、お出掛け前にお車の点検をおすすめします。

 

 

 

事故専用ホームページはこちら

 詳細ピンク

 

 

 

 

 

今日は高速走行時に起きる危険性の高い

「スタンディングウェーブ現象」についてお話しします。

 

 

 

 

高速道路での高速連続走行はタイヤへの負荷が大きく、空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなります。

 

そのまま走行していると、連続したタイヤのたわみによりタイヤが発熱してしまいます。

 

さらに走行して負荷がかかり続けると、ゴムで出来たタイヤは最後にバースト(破裂)してしまいます。

 

この現象を「スタンディングウェーブ現象」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

この現象を防ぐには

  1. タイヤの空気圧を規定値に保つ。

 

  1. 速度を控えて走行する。

 

  1. 過積載・片荷(偏った積載)は避ける。

 

 

 

特に①は注意が必要です。

タイヤは風船と同じでゆっくりですが、空気が抜けていくので日常的に点検するのが好ましいです。

 

すぐに抜けるものではないですが、遠出する前や、3ヶ月に一度ぐらいはチェックするのがいいと、タイヤ屋さんのプロが言っています。

 

 

 

 

 

タイヤの空気はガソリンスタンドでセルフもしくは、従業員の方が見てくれます。

 

基本的に無料ですが、一部で有料もあるので確認してください。

 

 

 

 

 

楽しいお出掛け、万が一の事がないよう点検してから行けると安心ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

あおい接骨院事故専用ホームページ

詳細オレンジ

 

 

 

電話でのお問い合わせはこちら

5288e9a5b2afbae45b69a8175e3081b4[1]