腕の痺れは危険信号?


こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

今回は「腕の痺れは危険信号?」ということでお話をしていきます。

 

 

普段首が凝る、首が痛い、肩が凝るなど首や肩に様々な症状を持っている方が非常に多いです。

 

これがひどくなってくると手や腕に痺れが出てしまうことがあります。

 

 

手に痺れが出てしまう症状は色々な原因があります。

 

・筋肉の圧迫によるもの

 

・頚椎症

 

・頸椎椎間板ヘルニア

 

・胸郭出口症候群

 

・手根管症候群

 

・円回内筋症候群

 

・肘部管症候群

 

・ギオン管症候群

 

これ以外にもたくさんの原因があります。

 

 

今日はこの中でも「頚椎症」についてお話をしていきたいと思います。

 

 

頚椎症は・・・

 

加齢によって首の骨が変形したり、悪い姿勢になり首に負担がかかったりするのが、主な原因となります。

 

また、パソコンなどで猫背の姿勢が続くと、首が前方に突き出る「ストレートネック」になり、首にかかる負担が更に増えてしまう。

 

そういったことがあると、首の動きの制限が出てしまったり、首の痛み、コリ感などの状態を「変形性頚椎症」と言います。

 

この状態に腕の痺れなどの神経症状が出ると「頚椎症性神経根症」という診断名に変わり、更にひどくなると、「頚椎症性脊髄症」となります。

 

 

最後の頚椎症性脊髄症などで日常生活にあまりにも支障が出る場合は手術の適応となってしまいます。

 

 

ただ、腕の痺れまで出ていたり、多少の筋力低下があっても、病院によっては手術を勧められることがありますが、このような方は適切な施術をすれば症状が良くなっていく方が多いです。

 

 

変形してしまっているものはどうしようもないのですが、悪い姿勢や骨格のバランスを整えることで筋肉に負担をかけていた原因を良くしていく事で症状が全く違います。

 

 

 

今、首の痛みやコリ感、腕の痺れで困っている方はすぐに相談してください。

 

早くに対処すると期間が短く済みます。

 

 

最後に、みなさんに一度試してもらいたいチェックがあるのでご紹介します。

 

自分の真後ろにご家族や友人に立ってもらい、両肩が動かないように手を置いてもらいます。

 

その状態で後ろを振り向いてみてください。

 

 

これで後ろの人が見えればOKです!!

 

もし、見えなければ、首の関節が固くなり、動きが狭くなっている証拠になります。

 

なので、筋肉に負担がかかってしまい、頚椎症予備軍である可能性が高いです。

 

見えない人は、自覚症状がなくても一度専門家に診てもらいましょう。

 

 

気付いていないだけで、筋肉や姿勢はかなり悪い状態かもしれません。

 

 

他にも・・・

 

・バッグをいつも同じ側で持つ

 

・座ると猫背になりがち

 

・携帯電話、スマホを長時間使う

 

・パソコンを使う

 

・うつ伏せで読書をする

 

 

などのことをしていると頚椎症になる可能性は高くなりますので注意してみてください。

 

 

あおい接骨院に今すぐご相談したい方

      ↓

   お問い合わせ 黄

 

骨格のバランスや姿勢が気になる方

      ↓

    詳細オレンジ

予約web