初めが肝心


こんにちは!!

 

 

あおい接骨院の三浦です!

 

 

 

 

 

今日は事故で当院に通院されている患者様と、事故後に多い症状の経過について書きますね。

 

 

交通事故専用のHPはこちら

 

 

この患者様はもともと事故前から来院されていた方です。

 

 

バイクに乗って信号待ちしていたところに、後ろから追突されました。

 

 

幸いスピードはさほど出ていなかったそうで大事には至りませんでしたが、強い衝撃を受けたそうです。

 

 

 

 

 

事故直後は首と、足首が痛いと来院されました。

 

 

しかし、事故後は興奮状態になり、多少の痛みは感じない方がほとんどです。

 

 

なので、当院独自の検査を用い全身を細かく検査したところ、背中や腰にも異常がみられました。

 

自覚症状はあまりなくても今後痛み出す可能性があるので、きちんと施術を行い良くしていきましょうとお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

事故後に「痛みがない。」「もしくは少し痛いが我慢できる。」から大丈夫とみなさん考えてしまい、どこの医療機関にも行かないという方が結構みえます。

 

 

そして数ヵ月後から中には数年後に、何もしていないのに「痛みが出てきた。」「事故後少し痛かったのが増した。」という事がよくあります。

 

 

その時には事故が原因でなっていても、保険屋さんには「こんなに時間経っていては事故とは関係ないんじゃないですか?」「因果関係がない。」などと言われて自賠責保険を使うことが出来ません。

 

 

 

そうすると事故で健康保険は使えませんので、自費で治療しないといけなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

この患者様はすぐに来院されたので自賠責保険を使って治療を行っています。

 

 

 

この患者様は、始め首と、足首が痛いと言って来院されていたんですが、時間と共にやはり腰と、背中にも症状が現れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

これは、事故に遭われた方は、普通の怪我などとは違い独特な経過を追います。

 

 

 

 

それは、最初の1~2ヶ月は身体が悪い方向へ向かいやすい時なんです。

 

 

日常受けることのないような衝撃を、事故によって受けているので想像以上のダメージを負っています。

 

 

そのため骨格、筋肉、神経などはバランスを崩しています。

それが時間をかけてゆっくり症状として現れてきます。

 

 

この時期は治療をしていても悪くなりやすいですが、していないとさらに悪くなる可能性があります。

 

 

治療を行うことで悪くなっていく身体を最小限に抑える事ができます。

 

 

なので、最初はしっかりと施術を受けることが大切なんですね。

 

 

 

 

 

 

この患者様はこまめに来院されていて段々症状が落ち着いてきています。

 

 

 

 

 

 

 

今後の経過もまた載せていきたいと思います。

 

 

 

 

 

事故でお困りの方はこちら

 

事故専用ホームページ