雨の日は交通事故数が晴天時の「約○倍」


こんばんは、あおい接骨院の密山です。

 

 

 

もう6月ですね、今日はスッキリして湿気もなく爽やかな気候でしたが、そろそろ梅雨入りでしょうかね。

 

 

 

雨の日は気持ちもなんとなくモヤモヤするのと、車の運転は混むし、あまり好きではありません。

 

 

 

なんと雨の日は交通事故数が晴天時の約5倍も高くなるそうです!!

怖いですね

 

 

 

そこで、雨天時に運転する際に注意が必要なことと、それに対する対処法をご紹介します。

 

 

 

突然の雨に備える

・車内に傘・タオルを準備しておく

 

 

車内のくもり

・日ごろから車窓をこまめに拭く

・エアコンを使って外気と車内の気温差を少なくする

 

 

滑りやすい路面

・車間距離を十分に取る

・晴れの日より速度を落として運転する

 

 

こういったことを気をつけることで交通事故にあってしまったり、事故を起こしてしまったりする確立がグンと下がるようです。

 

 

雨の日はしっかり視野を確保し、より安全運転を意識して下さい。

また、雨に濡れないよう、慌てて車外へ出て事故にあわない様にしましょう。

結構多いそうですよ。

 

 

 

ちなみに今週の日曜日

 

6月7日は「む(6)ち打ちな(7)おそうの日」として、あおい接骨院が交通事故治療の専門家として認定を受けている「むち打ち治療協会」が申請をして、日本記念日協会で正式に認定されています。

 

 

 

事故は起こってからでは遅いです。

気をつけましょうね~

 

 

◆◆◆むち打ち治療協会認定院のサポートの詳細はこちら◆◆◆

    ↓

 詳細赤

 

 

◆◆◆交通事故専用ホームページはこちら◆◆◆

    ↓

 詳細 黄色

 

◆◆◆あおい接骨院へのお問い合わせはこちら◆◆◆

        ↓

お問い合わせ