妊婦さんでよく起きることとは?


姿勢こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

今日は妊婦さんには付き物である腰痛についてお話していきます。

 

 

みなさんは・・・

 

妊娠してから、腰が痛くて動くのも辛くなった・・・

 

赤ちゃんが出来てから、身体のあちこちが辛い・・・

 

などの経験はありませんか?

 

または、そのような話は聞いて事ありますか?

 

 

妊娠してお腹が大きくなってくると、その分腰などの身体にかかる負担は多くなり、腰痛になりやすいと考えられます。

 

しかし、お腹が大きくなくても、妊娠すると腰痛が起きやすくなります。

 

 

その原因とは・・・

 

 

妊娠に伴うホルモン分泌の影響

 

重心が変化し、負担のかかり方が変わる

 

 

このようなことが考えられます。

 

 

  • ホルモンの影響とは?

 

妊娠すると「リラキシン」というホルモンが盛んに分泌されるようになります。

 

そうすると、靭帯や筋肉を緩ませて、狭い骨盤を赤ちゃんが通過出来る様に骨盤を拡げていく作用があります。

 

靭帯が緩めば、普段の支えが不安定になるので、結果的にあらゆる所に負担をかけ、腰痛の発症へ繋がります。

 

リラキシンは、妊娠初期から産後2,3日まで分泌されるため、お腹が大きくなくても腰痛になりやすいと言えます。

 

 

  • 重心が変化し、負担のかかり方が変わる

 

お腹が大きくなってくると、バランスを保つため、自然と腰を反るような姿勢に変わってきます。

 

なので、骨盤にも傾きが生じ、腰の骨や筋肉に負担をかけてしまいます。

 

もちろん、全員が腰痛になるわけではありませんが、元々腰痛があった方は特になりやすいと言えます。

 

腰痛以外にも足の付け根やお尻周りに痛みが出てしまうこともあります。

 

 

 

上記の2つが大きく関わってきます。

 

 

腰痛を少しでも予防していこうと思うと、身体の血行を良くしていく事が大事になります。

 

血行が悪くなると、自然治癒力も落ちてしまうので、疲労が回復しにくくなります。

 

 

なので、動けるのであれば、出来る範囲で体を動かすことやリラックス出来るような環境を作ることも必要となります。

 

もし、痛みがすでにあるという方や予防のために治療しておきたい方は、あおい接骨院でも妊婦さんの施術を行っていますので、一度ご相談ください。