ぎくっ!!


こんにちは!

 

あおい接骨院の藤村です!

 

 

最近はじめじめした日が多く、暑がりで寒がりの藤村にはこたえますね!笑

 

 

 

今日は、患者さんの中でもあまりよく知られてなかった「ぎっくり腰」に関して書きたいと思います!!!

 

 

「ぎっくり腰」

別名は急性腰痛症と呼ばれるもので、突然腰部に激痛がはしる症状です。

あまりにも強い痛みが急にやってくることから欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。

 

 

 

原因としては・・・

・重い物を持った

 

・急に体を捻った

 

・過体重

 

・筋肉の疲労

 

・姿勢不良

 

よく知られている原因は、重いもの持った瞬間や、くしゃみをした時などが多いですね!

この中であまり知られてなく、僕らが治療している中でも多い骨格の歪みからぎっくり腰になるパターンを説明させて頂きます。

日常生活や仕事の時を振り返ってみると、立ちっぱなしや座りっぱなしの状態、長時間限られた姿勢でいることが多いのではないでしょうか。

 

こうすることで、体の柔軟性が失われていき、同じ骨格の部分やや筋肉だけを使うことになってしまいます。

 

使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたものが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。

 

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わっていきます。

 

体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがてちょっとした動きや負担でぎっくり腰につながってしまいます。

 

 

施術法としては基本的に・・・

R・・・REST  (安静)

I ・・・ICING  (冷却)

C・・・COMPRESSION (圧迫)

E・・・ELEVATION  (挙上)

 

です。

痛めてから、2,3日は(炎症期)上記をすることが最も有効的です。

 

この4つはケガ、代表的には肉離れや、足首の捻挫などにも使えるので覚えておきましょう!!

 

 

炎症反応が落ち着いたら筋肉の施術と骨格の矯正をすることにより痛みの改善や、今後に同じような症状出しにくくするためにも必要になってきます。

 

 

患者さんにお話を聞くと、「もうあんな痛みは二度と嫌!!」

といわれる方が多いですね。

なので、骨格の矯正をされている方は当院でも多々いらっしゃいます。

皆さんも他人事とは思わずに、気をつけましょう!!!!

 

 

 

 

 

骨格矯正に興味のある方

     ↓

 詳細オレンジ

 

 

骨格矯正を今すぐご予約をしたい方

     ↓

 予約web

 

 

 

今すぐお問い合わせをしたい方

     ↓

お問い合わせ 黄