産後の骨盤はなぜ歪む??


 こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

今回は産後になぜ骨盤が歪むのか?についてお話していきます。

 

まず骨盤とは何か?

 

骨盤がどの辺りにあるかはご存知の方も多いと思います。

 

 

骨盤は寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)と仙骨と尾骨の3つの骨により成り立っています。

 kotubanzu[1]

体の中心にあって、上半身と下半身をつなぐ要の存在になりますが、関節自体は仙骨と腸骨をつなぐ「仙腸関節」と呼ばれる所の1つしかありません。

 

残りは筋肉と靭帯の力のみで支えているため、不安定で歪みやすいと言われています。

 

 

ただ、骨盤についている靭帯はかなり強力なもので、関節の構成的にも動いても数ミリしか動かないと言われています。

 

 

医師の方の考えによっては全く動かないと言われることもあります。

 

 

この骨盤は普段の生活では大きく歪むことは少ないですが、例外もあります。

 

・交通事故やスポーツでの転倒などの外力が加わった時

 

・女性の妊娠から出産するまでの過程

 

 

このような時は骨盤が大きく歪んでしまいます。

 

 

では今回の本題である産後のお話をしていきますね。

 

まず、女性は妊娠されてから3か月ぐらい経つと女性特有のホルモンが出始めます。

 

このホルモンは全身の筋肉や靭帯を緩める作用があり、骨盤周りの筋肉や靭帯を緩めて骨盤を拡げていきます。

 

そして出産になるのですが、このホルモンは出産してから2・3日後まで分泌されています。

 

 

またホルモンの分泌が終わっても靭帯や筋肉は元の強度に戻るわけではなく、緩んだままになります。

 

 

これは自然分娩でも帝王切開でも変わりません。

 

この妊娠から出産で緩んだ靭帯は骨盤ベルト(とこちゃんベルト)と筋トレをしっかりと行って約1年かかると言われています。

 

そしてこれをしていないと腰に激痛が出てしまったり、体型が変わってしまったりと様々な症状が出てきてしまいます。

 

 

よく患者様で多いことですが・・・

 

 

産後半年までにベルトや矯正をしないともう戻らないと言われた

 

このように言う方が結構多いのですが、そんなことはありません。

 

 

実際の患者様の症状で10年前ぐらいから腰が痛くなり、徐々に痛みが強くなって日常生活も辛いという方がいました。

 

 

ちょうど10年前に出産を迎えたとのことで、骨盤矯正を含めて骨盤ベルトと軽い筋トレを行ったら痛みは全くなくなりました。

 

また骨盤が歪んでしまうと代謝なども悪くなり太りやすくなってしまう傾向にあります。

 

 

なので、産後はしっかりと矯正していく必要があります。

 

あおい接骨院では骨盤矯正も含めてベルトの巻き方や簡単な筋トレの指導もさせて頂きます。

 

もし、お困りの方や出産を迎える予定の方は一度ご相談下さい。

 

 

 骨盤矯正に興味のある方

      ⇓

  詳細オレンジ

 

 一度ご相談してみたい方

      ⇓

 お問い合わせ 黄