人の体は○○と同じ!?


 

こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

今回は人間の体は○○と同じ?についてお話していきます。

 

 

みなさんはお分かりになりますか?

 

 

答えは『』です!!

 

 

人間の体は車に例えることが出来ます。

 

車は2年に1回車検がありますよね?

 

 

ではこの車検は何の目的で行うかご存じですか?

 

車検の目的とは・・・

 

  1. 車の状態が安全であるか

 

 使っている自動車が運転しても安全であること、「道路運送車両法」に定められた「保安基準」に適合しているかを確認する

 

      2. 公害防止面の基準に適合しているか

 

 自動車は日が経つにつれ、さまざまな部品は劣化し、不具合が生じます。

 その自動車が「保安基準」に適合しているか確認することで、劣化等から発生する公害を防止すること

 

 

このような目的で車を検査していきます。

 

 

この1の目的のところが人間の体にも当てはめることが出来ます。

 

 

人は気づかないうちに痛みを感じてしまうことが多くみられます。

 

人間は乳酸などの疲労物質が溜まっていき、それが増えすぎると痛みを認識してきます。

 

 

例えば人間の体をコップとして、そこにという疲労物質を入れていきます。

 

水を入れ続けるともちろんコップから溢れますよね?

 

この溢れた時に痛みとして感じてしまうんですね。

 

水が溢れるまでは痛みとして認識されないため、知らぬ間に疲労物質を溜めてしまいます。

 

 

痛みが出れば、みなさんはどうしますか?

 

 

人によっては整形外科や接骨院に受診する方・・・

 

人によっては痛みを抱えたまま日常生活を送る方・・・

 

 

痛みが出てすぐに受診される方はすぐに対処できるため大丈夫なのですが、「生活は痛みがあっても出来るから」と言ってそのまま過ごす方が多くみられます。

 

 

しかし、我慢をした結果どうなるか?

 

 

そう、ギックリ腰寝違えなどの日常生活が困難なほど大きな痛みに変わってしまいます。

 

そうすると・・・

 

・仕事などを休む期間が出てしまう

・集中的に治療が必要になり、時間とお金がかかってしまう

・生活の中でも痛みがあり、かなり不自由になる

・痛みがある中で動いてしまい、負担が更にかかりなかなか治らない(慢性的になる)

 

 

などたくさんのデメリットがあります。

 

 

車に車検があるように、人の体も定期的に専門家に検査をしてもらわないと上記のようなデメリットが出てきてしまいます。

 

車は2年に1回ですが、人の体は車ほど頑丈ではないので月に1~2回程度の検査をしていけるとベストですね。

 

 

当院の患者様の多くは、痛みが出てから受診される方が多くいるのですが、その方のほとんどがメンテナンスとして定期的にお体のチェックに来て頂けます。

 

 

そのメンテナンスをしている患者様の声としては・・・

 

「ギックリ腰や寝違いを年に何回かしていたがなくなった。」

「仕事で痛みがあって辛かったが全くなくなった。」

「日常生活が快適に暮らせるようになった。」

 

などのお声を頂きました。

 

 

痛みを良くしていくのも治療家の仕事ですが、当院では患者様に『痛みのない幸せな生活を送って頂く』ということを考え、施術させて頂いているので、メンテナンスの重要性を常に説明しています。

 

 

みなさんも大きな痛みを起こす前に未然に検査をして、『痛みのない幸せな生活』を送っていきましょう。

 

もし、いつもより疲れを感じる方、痛みはあるがしょうがないと思っている方は早めに専門家に検査をしてもらってください。

 

 

今回はメンテナンスについて簡単にお話指せていただきました。

 

 

 

 

あおい接骨院に検査をしてほしいという方

        ⇓

   お問い合わせ 黄

 

 

    あおい接骨院の理念

        ⇓

   詳細ピンク