春の3大負荷!?


こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

だいぶ暖かくなってきましたね。

今週が桜の一番の見頃ですね。桜も一気に咲いてきたので、今日家の近くに桜の木が並んでいる道を歩いてきました。

 

まだ満開とはいかないものの、とても綺麗に咲いていました。

 20150331_13160420150331_132145

 

 

さて、今日はこんな季節に起こりがちな事をお話しようと思います。

 

みなさんは≪春の3大負荷≫というのは聞いたことありますか??

 

今回はこの春の3大負荷も含めてお話をしていきます。

 

 

「冬から春の季節の変わり目に体や肌の不調を感じている」という人がかなり多いことが分かってきているそうです。

 

 

中でも「春に感じる体や肌の不快な症状」としては乾燥・肩こり頭痛・冷えやストレスなどが上位に挙がってくるみたいです。

 

 

女性の4人に1人が肩こりや頭痛を感じているそうです。

 

以前にも肩こりや頭痛についてお話しましたが、肩こりや頭痛はかなり身近になっていることが分かりますね。

 

 

では、今回の本題である春の3大負荷とは何か?

 

 

これはこの季節に先ほど挙げた症状が起こりやすい原因になります。

1つずつ説明していきますね。

 

 

  1. 激しい気温差

 

春は「三寒四温」と言われるように、1週間・1日の気温が激しく変わる季節ですね。

 

患者さんからも『着る服に困る!』というお声がたくさん出てきています。

 

この時期になるとお店などは春のファッションとして少し薄着の服が並び始めますよね?

 

それに合わせて薄着で街を歩く人が多くなっていきますね。

 

なので、冬以上に寒さをダイレクトに体が感じるので、身体が冷えて血流が悪くなります。

 

血行が悪くなると、肩こりの症状が出てきてしまいますね。

 

  1. 花粉症

 

この時期の天敵『花粉症』も原因の1つです。

 

花粉症に関しては昨日、たまたま三浦先生がお話しているのでご覧ください。

 

三浦先生の「花粉症について」のブログはこちら

 

  1. 環境の変化

 

春と言えば、卒業、入学、入社、異動、転勤などの今までと環境が変わる時期ですね。

 

その環境の変化が体にストレスとなり、その緊張から自律神経が乱れてしまい、肩こりへと繋がってしまいます。

 

 

 

このようなものを春の3大負荷と言い、体の不調が出やすい原因になります。

 

なので、体がいつもより疲れやすい、今まで感じていなかった疲れなどが出てきたらすぐに体のケアをすると大きな痛みにならないので、早めの対策をしていきましょう。

 

 

家では、ストレッチはもちろん、しっかりお風呂に入ることも大事ですね!

 

40℃未満のお湯に20分ほど入ることで、体はリラックスモードになり、血の巡りがよくなります。

 

このようなことも肩こりを感じている人や疲れが溜まっている人は試してみてください!!

 

 

      肩こり・頭痛でお悩みの方

       ⇓

  詳細オレンジ

 

一度あおい接骨院にご相談したい方

       ⇓

  お問い合わせ 黄