血流UPするには??


こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

前回は寒くなるとなぜ肩などが凝ってしまうのかについてお話しました。

 

 

 

まだ見ていない方や忘れてしまった方はこちらからご覧ください。

 

 

 

 

 

冷えと血流の悪さが筋肉の硬さに大きく関係しているのを前回お話していきました。

 

 

今回は血流の悪さを防ぐために家で出来る事やあおい接骨院でしていることをご紹介していきます。

 

 

 

突然ですが、みなさんは第二の心臓って聞いたことはありますか?

 

 

メディアでも取り上げられたりしていますよね?

 

 

人間の体には全身に血流を送っている心臓の他に重要とされる第二の心臓と言われる部分があります。

 

 

その第二の心臓と言われる部分は『ふくらはぎ』です。

 

 

体の血液は、心臓の拍動で押し出され全身にめぐっていきます。そして、押し出された血液は再び心臓に戻ってきます。

 

心臓より高い位置にある頭や首などは地球の重力によって簡単に戻っていきますが、心臓より下にある足は重力に逆らってこなければいけません。

 

 

そのために、ふくらはぎはポンプのような役割をして心臓に血液を戻していきます。

 

 

このような心臓で補いきれない働きをふくらはぎがするため『第二の心臓』と呼ばれています。

 

 

 

この大事な役割をするふくらはぎは、とても冷えやすいと言われています。

 

 

前回や冒頭で話しましたが、冷えは筋肉が固まってしまうことに繋がります。

 

 

そして筋肉が固まるとポンプの働きが弱くなり、血流が悪くなってしまいます。

 

 

 

更に、ふくらはぎは血流だけでなく、リンパ液を体に巡らせるポンプとしても役割を持っています。

 

 

老廃物を運ぶ役割のリンパ液の流れが悪くなると、むくみやこりに繋がります。

 

 

 

 

血流を良くするためにはこのふくらはぎが重要です。

 

 

今では「ふくらはぎ療法」と言われるものもあります。

 

ふくらはぎを柔らかくすることでポンプの働きを良くし、血流の流れを良くする事で寒いときのこりや冷えなどの改善に繋がります。

 

 

 

あおい接骨院では、酸素オイルを使いながらふくらはぎのマッサージをしたりしています。

 

それと同時に骨格の歪みを整えることで更に効果的に血流を良くしていきます。

 

 

 

家で出来る事としては、当院でも指導させて頂いていることを少しご紹介します。

 

 

まずは、『足湯』です。

 

お風呂の桶やバケツでもなんでもいいので38~39度ぐらいのお湯を溜めて足首まで10分程度つけておくだけです。

そうすることで足先から温まり、全身の血流が良くなります。

 

 

 

次に『かかとの上げ下げする運動』

 

段差につま先を置き、かかとを上げたり、下げたりする運動です。

「5秒上げて、5秒下げる」を5回1セットとし、一日で数回行うと有効です。

階段などの軽い段差で行うのが有効ですが、初めは地面でも大丈夫です。

 

地面で行う時は下げるのは出来なので、「5秒上げて休憩」で5回やってみましょう。

 

 

 

 

ふくらはぎのマッサージも有効ですが、足先などを動かすのも大切です。

 

なのでご紹介した運動や少しでも歩くこともしてみましょう!!

 

 

 

 

あおい接骨院で使っている酸素オイルの施術について

          ⇓

                   詳細オレンジ

 

 

                        酸素オイルについて

          ⇓

                  詳細ピンク

 

 

     骨格矯正の施術について

         ⇓

    詳細オレンジ

 

     今すぐ予約したい方

         ⇓

予約web