厄年にみなさん何します?


こんにちは!!

 

あおい接骨院の三浦です!

 

先日妻の厄払いに国府宮神社へ行ってきました!

 

あおい接骨院にも今年厄年のスタッフがいます。

 

厄年って何やら良くない出来事が起きるイメージですが、なんなんでしょう?

 

厄年について調べてみました(^-^)

 

 

 

厄年は数え年で男性が25歳・42歳・61歳、女性が19歳・33歳・37歳・61歳です。

 

これらの年齢が「本厄」で、「本厄」の1つ前の年を「前厄」、「本厄」の次の年を「後厄」といいます。

 

今年に入って迎えられる年齢に、「1」歳を加えた数が今年の数え年となります!

 

 

 

 

 

厄年は昔は「役年」といって一定の年齢になるとお寺や神社の役をした事が起源だそうです!

 

 

厄年は迷信だという人もありますが、医学的にも体の変調が起こりやすい時期であり、社会的にも環境が変わりやすい時期と考えられます。

 

 

 

 

 

男性の42歳、女性の33歳は大厄と言いい、厄年の中でも最も注意しなければならない年齢と言われています!

 

 

 

男性の場合、昔は人生50年と言われていた時代で、42歳と言えばもう晩年を迎えた年齢でした!

 

実際、現代の42歳と言えば働き盛りで、仕事でも無理をしがちです。

 

また役職に就くなど責任ある立場になればストレスも多くなると考えられます!

 

 

 

女性の場合は、妊娠や出産に関わるものもあり、19歳の厄年はちょうど卵巣の機能が安定する頃で、妊娠機能が整います。

 

次にピークを迎えるのが33歳の大厄です。この頃は子育てや出産で大変な思いをしているお母さんも多い年齢です!

 

 

 

大厄は男性も女性もとくに健康に変化が訪れやすい年齢とも言われていますので、注意が必要でしょう!

 

 

 

 

 

迷信と言えばそれまでですが、もし災いが起きた時に何もしていなかったら・・・

 

お祓いとかしとけば起きなかったかも・・・

 

なんて考えるのは嫌なので神社へ行きました!

 

 

 

 

お祓いもひとつの方法だと思います。

 

 

健康な生活を提供する仕事をしていて、普段の体調管理や、生活環境に気を付ける事も予防として大切だと感じました!!

 

 

改めて自分や、家族の健康に気を配ろうと思いました!!

 

 

早寝早起き、バランスの良い食事を腹八分!(^^)!

 

それに加え全身のバランスや、血流の良くなる骨格矯正を家族にします!

 

 

 

 

自分はスタッフにしてもらいます(笑)

 

 

 

 

 ちなみに今年の国府宮神社で行われるはだか祭りは3月3日です!

 

 

 

 

◆◆◆骨格矯正こちらからでもどうぞ◆◆◆

         ↓

    詳細オレンジ

 

 

 

 

  ◆◆◆今すぐWEB予約する◆◆◆

          ↓

 予約web