出産後の手首の痛み Vol.3


こんばんは、あおい接骨院の密山です。

 

 

前回産後に手首の腱鞘炎が増える理由をはなしましたね

 

Vol.3では、腱鞘炎の意外な治療法を話ていきます

 

 

まだ見てない方は


・出産後の手首の痛み Vol.1 はこちら

・出産後の手首の痛み Vol.2 はこちら

 

 

 

 

 


手首の腱鞘炎の場合、一般的な治療として、手首 〜 肘周りまでのマッサージやストレッチ、
手首のサポートや固定をして、痛みを管理していきます。

 

 

これでも問題ないのですが、もっといい事発見!

 

 


先に言っちゃうと
あおい接骨院では、患部周囲と
首〜背中の骨格を整えちゃいます。

 

 

 


あおい接骨院では、妊産婦さんの施術もしていて、

 

 

①産後の腱鞘炎の出ている方で、産後の骨盤調整や背骨矯正をしている

 

②産後に腱鞘炎になり、腱鞘炎の治療にきている(骨格矯正はしていない)

 

 

 

①と②のグループに分けてみると

腱鞘炎の痛みの程度や引きのスピードなど、圧倒的に①のグループの方達が経過が良い事に数年前に気づきました。

 

色々調べると理屈は結構深いので、ここでは割愛させてもらいますが、
人体工学的にも理にかなってるんですね〜

 

 


なので、産後の腱鞘炎の方はもちろん、産後意外の腱鞘炎の方の治療も今では首〜背中の背骨矯正は提案させて頂いて、やられる方は良好です。

※個人差があるので、検査の上必要な方に提案、施術させて頂いてます。
有効でない方には行いません。


このように、首、背中と離れた部分の骨格を整える事で、手首の痛みも改善されやすいんです。

 

 

人間の体は不思議ですね。

周りに妊産婦さんや腱鞘炎方がいたら、

みんさん教えてあげてください。

 

 

・骨盤矯正はこちら

・背骨矯正はこちら

・出産後の手首の痛み Vol.1 はこちら

・出産後の手首の痛み Vol.2 はこちら