頭痛の原因とは??


こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

今回は前回に続き頭痛についてお話したいと思います。

 

 

前回でもお話した中の慢性頭痛の1つ、「緊張性頭痛」の原因について少しお話しますね。

 

 

まず、緊張性頭痛の復習をしていきますね。

 

緊張性頭痛は、慢性頭痛の中でも一番多く、あおい接骨院でも非常に多い頭痛になります。

 

色々な原因で、頭の周りを何かで締め付けられるような鈍い痛みが出ます。

よく「ヘルメットをかぶったような痛み」と言われることもあります。

 

他にも肩や首に強いこりを感じたり、めまい、ふらつき、だるさ、耳鳴りなど様々な症状が出てきてしまいます。

 

 

比較的どの年代にも現れ、時々頭痛がするタイプの人(反復性)や、毎日のように頭痛が続くタイプ(慢性)の人がいます。

 

 

この頭痛は家事や仕事など日常生活はなんとかこなせます。

中には頭痛薬を飲んで痛みを抑える人もよく聞きます。

 

ひどくなると1か月の半分ぐらい頭痛が出たりもします。

 

 

本題の原因ですが・・・

 

緊張性頭痛には大きく2つの原因があります。

「身体的ストレス」「精神的ストレス」

の2つです。

 

身体的ストレスとは・・・

 

・パソコンの操作で前かがみになってしまう

・うつむき姿勢

・スマホを長時間見てしまう(スマホ症候群)

・車の運転

・枕が合わない

・不自然な姿勢が長く続いてしまう

・体の冷え

 

など様々な原因があります。

 

みなさん、心当たりはないですか?

 

このような状態が続くと、首から肩、背中にかけての筋肉が凝った状態のなってしまい、頭痛になってしまいます。

 

 

精神的なストレスとは・・・

 

・家庭や仕事のトラブル

・人間関係のトラブル

・夜、眠れない

 

などの精神的なストレスで、これは神経や筋肉の緊張が高まり、頭痛になってしまいます。

 

 

 

簡単ではありますが、緊張性頭痛には様々な原因があります。

 

 

しかしこの頭痛は根本的な所から施術をすることでかなり良くなっていきます。

 

頭痛薬を飲んで痛みを抑える人も見えますが、頭痛薬は根本的なアプローチではなく、その場しのぎで痛みを誤魔化しているだけなので繰り返し頭痛になってしまいます。

 

 

あおい接骨院では土台である骨格矯正を含め、鍼などでアプローチしていきます。

 

そうすることで頭痛を繰り返さない根本的な所から体質を変えていきます。

 

また、頭痛で悩まされている方向けの専用のプログラムも用意していますので、いつでもご相談下さいね。