クリスマスの由来


こんばんは、あおい接骨院の密山です。

 

 

今日はクリスマスですね。

 

 

みなさんいかがお過ごしですか??

 

 

ということで今日はお仕事と関係ないこと書いてみます。

 

 

日本でもお祝いをすることが当たり前になったクリスマスですが、

クリスマスって何の日かちゃんと知っていますか?

 

 

クリスマスは英語の「Chrismas」ですが、これはキリスト「Christ」のミサ「mass」という意味だそうです。

 

つまりクリスマスとはイエスキリストがこの世に生まれたことをお祝いする日なんです。

自慢げに言ってますが、こんなことはみなさん何となく知っていますね(^◇^)

 

 

 

 

では、昔疑問に思った「メリークリスマス」とはどういう意味でしょう???

 

メリーはMerry、「楽しい」とか「愉快な」という意味です。

 

つまり「楽しいクリスマスを!」ということです。

 

 

 

 

次に

クリスマスカラーの緑や赤に何の意味があるのか知っていますか?

 

緑の代表といえばクリスマスツリーですね。

クリスマスツリーに使われている木は、「常緑樹」といって年中、葉を茂らせる木で

その姿が永遠を表しているそうです。

 

イエスキリストの永遠の命を表しているとも言われています。

 

赤はイエスキリストが十字架にかかり流した血の色を表しているそうです。

 

 

どうでしたか?

ちゃんと意味を知るとまた違う見え方がするかもしれませんね。

 

今年のクリスマスが皆さんにとって良い日になりますように。

 

 

ではまた。