頭痛には種類があった!?


こんにちは、あおい接骨院の桑原です。

 

 

今回は前回のスマホ症候群に中にもあった頭痛についてお話ししようと思います。

 

まず頭痛にもいろいろ種類があります。

 

頭痛というと「片頭痛」「頭痛もち」などのイメージがあると思いますが、もっと大きな種類もあります。

 

 

1 日常的に反応で起こる頭痛

 

言葉としては難しいですが、二日酔いの時・アイスクリームやかき氷を食べた時などに頭が痛くなった経験はありませんか?

これも頭痛の1つで人間の生体反応として起こる頭痛なので誰でも起こることがあります。

 

2 脳や全身の病気が原因で起こる頭痛(症候性頭痛)

 

体に何らかの病気があることで起こる頭痛で命に関わる怖い頭痛でもあります。

代表的なものは脳腫瘍・くも膜下出血・脳梗塞などの脳血管障害と言われるもので、このケースは発見が遅れてしまうと命の危険もあります。

普段から頭痛もちの方は「いつもの頭痛」と勘違いしてしまう事があるので少しでも違う感じがしたら早めに病院に受診しましょう。

 

3 頭痛もちの頭痛(慢性頭痛)

 

この慢性頭痛は普段みなさんが感じている頭痛に該当することが多いと思います。

実際にあおい接骨院でもこの慢性頭痛で悩まされている患者様が非常に多くみられます。

この頭痛は大きくわけて3種類のタイプがあります。

それぞれのタイプごとで治療法や対処が違うので間違った治療や対処をしてしまうと逆に悪化させることがあるので気を付けてください。

 

  1. 片頭痛・・・ズキンズキンと片側のこめかみ付近に心臓の動きに合わせて痛みが出る

 

  1. 緊張性頭痛・・・ギューっと締め付けられるように頭痛がしたり、重い感じがする
  2. 群発性頭痛・・・目の奥がえぐられる様な激しい頭痛がする

 

簡単にこの3つに分けることが出来ます。

 

中でも一番多いのが②の緊張性頭痛であおい接骨院でも悩まれている方は非常に多いです。

 

整形外科や脳神経外科などの病院では異常は見られないため原因が何か分からず、鎮痛剤などを飲んで日々過ごしている方が多いのではないでしょうか?

 

もし悩まれている方やご心配な方、家族や友人など周りの方が困っているなら一度ご相談ください。

 

 

それぞれの慢性頭痛の特徴や対処などもこれから話していきますね!!