12月は気をつけて!


こんばんは、あおい接骨院の密山です。

 

17日の夜から降り出した大雪皆さん大丈夫でしたか?
すごかったですね。
17日の夜はあおい接骨院のスタッフ皆んなで勉強会に出掛けていて、帰えりにはもう積もっていました。
超安全運転で帰りましたが、坂道で軽いスリップをして怖かったです~_~;
本当に交通事故にならなくて良かったです。
今回は雪で怖い思いもしたので、皆さんの交通安全を願って、
交通事故の全国的な月別の統計を調べると、
10月 〜 12月の冬にかなり増えてその中でも圧倒的に12月が多いと警察庁の統計があります。
冬の次は7月8月の夏が多いようです。
あおい接骨院では交通事故の治療も専門的に行っているので、他の治療院よりも交通事故の患者様はかなり多いのですが、
確かに毎年冬になると交通事故の患者様がより一層増えて、その中でも年末から年明けは転院されてくる方がめっちゃ多いですね。
昨日も今日も今回の雪で交通事故にあってしまった患者様が、新たに来院されました。
色々と情報はありますが、何故12月に事故が急増するのかるか調べてみました。
多く言われるのは、
「暗くなるのが早いから事故が増える」
もちろんそれもありますが、12月に次いで交通事故が多いのは10月で、11月と比べて日照時間が長いので、早く暗くなるだけが原因ではないようです。
あとは、12月はよく道が混んでると感じませんか?
毎年僕もそう感じていましたが、道路工事があったり、年末年始の準備だとか「師走」というだけあっていつもはあまり車に乗らない人も含めて皆さん忙しく、
実際に交通量が増える事で交通事故が発生する確率が上がってしまうと言う事もあるようです。

 

 

 

時間別でみると、午後6時台が一番多いようです。

 

夕方は朝よりも運転手の視力が下がり視野も狭まって、注意力も散漫になりやすいのと、学校や会社の帰り、買い物などで車やバイク、自転車や歩行者が多くなる事が重なるからだそうです。

 

 

他にも色々とありましたが、こう言った事が12月に交通事故が増える要因のようです。

 

 

ドライバーの方は早めのライトや、ゆとりを持って運転してください。

 

車以外の方も、ドライバーは夕方は視野が狭い前提で考えて行動し、少し明るめの服をきたり、事故に巻き込まれないように気をつけましょう。

 

これから年末年始、皆さん安全運転で気をつけましょうね^_^

 

 

 

もし事故にあってしまったら!!

あおい接骨院の交通事故専門治療は → こちら