ある日突然・・・・


今回は症例報告をしたいと思います。

 

Iさんは専業主婦の方です。

 

その日は、庭の枯れた木の根を引き抜こうとしたとき、後ろに手をついて倒れたそうです。

 

ついた手は擦り傷程度で問題なかったのですが、その後首が動かなくなったそうです

 

ご本人も不思議でおられたのですが、おそらく首を後ろに振られて痛めたのではないか?とのこと。

 

首が動かないので、不安で不安でたまらない。熟睡もできないし車も運転できないのでなんとか治したいといわれました。

 

 

 

Iさんを見ていくと、まず首から背中にかけての背骨の歪み強く、腕に軽いダルみのような感覚があり、

左右の肩の高さに違いがあるのと、痛みが強いので姿勢も崩れていました

 

歪みや姿勢の崩れから首、背中、肩の動きが悪く、腕には神経症状も確認できました。

普段のように体が使えないため、首から背中にかけて強い張りがありました。

 

Iさんの場合、首周りの筋肉の施術と骨格の矯正を含めた施術がベストと判断したので、両方を提案しました。

首の筋のケガに関しては健康保険が適応可能ですが、骨格矯正は法律上健康保険は使えませんのて、Iさんはとりあえず、健康保険の中でやって様子を見たいとのこと。

 

 

 

その後1回、2回、3回きていただきましたが、痛みの改善はみられるものの、首の動きはあまり変化は見られず・・・

 

再度、骨格の矯正の必要性を説明し、ご納得いただき施術を行いました。

骨格の矯正の直後、首の動く範囲が明らかに広がっており、Iさんも驚いた様子でした。

ただ、骨格は矯正で整えても3〜4日で戻ってしまう状態のため、再度3日後に来院していただくようお伝えしました。

 

骨格矯正後、2回目の来院時には腕のダルみは残っているものの、首の動きは改善され

首や背中の痛みや張りはほとんど無い状態でした。

 

 4回目の来院時には腕のダルみも改善されました。

 

しかし、

 

骨格は一度整えても、その状態が安定するのには期間を必要とします。

 

 

 

 

Iさんの状態のヶ月後を考えたときに今の状態のまま放っておくと、

もっと改善が遅くなる可能性が高かったので、

早いタイミングで来店する決断をしてもらったIさんに感謝しています。

 

 

今回紹介した骨格矯正はあおい接骨院の背骨矯正です。